好きな人が風邪を引いたとき何を伝える?注意点は?

好きな人 風邪

好きな人が風邪を引いて学校や仕事を休んだら、好きな人と会えなくてちょっとがっかりしてしまいますね。

好きな人と会えないからアプローチできない‥なんて思っている人もいるのではないでしょうか。

しかし、好きな人と会えない=アプローチできない、なんてことはありません!

むしろ、好きな人が風邪を引いて休んでいるときこそ、アプローチするチャンス!

このチャンスを逃さず、好きな人に好印象を与えるにはどうすればいいのでしょうか。

ここでは、好きな人が風邪を引いたときに伝えるべき言葉や、その際の注意点についてお話しします。

好きな人が風邪を引いたときこそ、こんな言葉を伝えてアプローチしていきましょう!

好きな人が風邪を引いたときに何といえばいい?

好きな人 風邪

まずは、好きな人が風邪を引いたときに何といえばいいのか?からお話ししていきます。

好きな人が風邪を引いて学校や仕事を休んだとき、どんな言葉をかけてあげたらいいのでしょうか。

男性がドキッとする言葉をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1,好きな人が風邪を引いたときにはまずは「大丈夫?」と心配する

好きな人 風邪

好きな人が風邪を引いたときに何といえばいいのか?には、好きな人が風邪を引いたときにはまずは「大丈夫?」と心配することが挙げられます。

好きな人が風邪を引いて学校や仕事を休んでいたら、まずは「大丈夫?」と心配する言葉をかけましょう。

男性は、この一言だけでも意外と嬉しいもの。

男性というのは単純なので、たった一言「大丈夫?」と心配してもらえるだけでもテンションが上がってしまうんです!

さりげなく心配してもらえることで、女性としての優しさを感じることができるでしょう。

ただし、心配するときには電話ではなくまずはLINEから。

LINEなら気づいたときに返事をすることができるので、風邪を引いて寝込んでいる男性に気を遣わせてしまう心配もありませんね。

2,好きな人が風邪を引いたとき「会えないから寂しい」と伝える

好きな人が風邪を引いたときに何といえばいいのか?には、好きな人が風邪を引いたときに「会えないから寂しい」と伝えることが挙げられます。

素直に「会えなくて寂しい」と言われることで、男性は励まされたと感じるもの。

また、「自分がいなくて寂しいと感じてくれていたんだ」と思えば、なんとなく嬉しくなりますよね?

風邪を引いているときはナーバスになっているものですが、自分が女性から必要とされていると感じることで、男性は「早く治そう!」と思えるのです。

あなたがいなくて落ち込んでいる、という雰囲気を出すことがポイントですよ!

自分がいなくて寂しいと感じる人がいると、なんとなく嬉しいですからね。

しかし、風邪の症状が重い場合、「会えなくて寂しい」と言われると「早く治さないといけない!」とプレッシャーに感じてしまうこともあるので、風邪の症状によって表現を変える必要があるでしょう。

あまり大袈裟な表現をしてしまうのは、やめたほうが良いかもしれませんね。

3,好きな人が風邪を引いたときは「お見舞いに行こうか?・ご飯作りに行こうか?」と伝えてみる

好きな人が風邪を引いたときに何といえばいいのか?には、好きな人が風邪を引いたときは「お見舞いに行こうか?、ご飯作りに行こうか?」と伝えてみることが挙げられます。

「お見舞いに行こうか?」と言われることにグッとくる男性は多いので、好きな人が相手ならぜひ「お見舞い」という言葉を使いましょう。

一人暮らしで風邪の症状が重いのならば、ご飯を作るのも大変ですからね。

また、お見舞いに行くと言うことで、社交辞令ではなく本気で心配しているということも伝わります。

このとき、できることなら「お見舞いに行こうか?」よりも、「お見舞いに行ってもいい?」と、お見舞いに行きたい気持ちを全面に出す言い方のほうがおすすめ。

好きな人に連絡をするときには、

・お見舞いに行ってもいいか

・迷惑じゃないか

だけを聞くようにしましょう。

「お見舞いに行った方がいいか」と相手が取れてしまうような言い方をするのは、できるだね避けた方がいいですね。

ただし、具合の悪いときにはあえて一人でいたい人もいるので、強引にお見舞いにおしかけるのはダメですよ。

4,好きな人が風邪を引いたときには「何か買ってきてあげようか?」

好きな人が風邪を引いたときに何といえばいいのか?には、好きな人が風邪を引いたときには「何か買ってきてあげようか?」と聞くことが挙げられます。

実家暮らしならば問題はありませんが、一人暮らしであるなら、買い物もままならないこともあるでしょう。

そんなとき、「何か食べたいものある?」「足りないものある?」と聞くことで、気の利く女性アピールをすることもできますよ!

また、具合の悪い自分のために色々と気を遣ってくれる女性がいることを、素直にありがたいと思うはずです。

5,好きな人が風邪を引いたときには「無理しないで。頑張ってたもんね」

好きな人が風邪を引いたときに何といえばいいのか?には、好きな人が風邪を引いたときには「無理しないで。頑張ってたもんね」と伝えることが挙げられます。

男性は、自分の普段の努力や頑張りを労ってほしいと心のどこかで思っているもの。

たとえ自分の不摂生のせいで風邪を引いたのだとしても、です。

「いつも頑張っていたから、疲れが出たんだよ。無理しないでね」と言われると、自分のことを労ってくれる女性がいることを嬉しいと感じることでしょう。

中には、女性の「無理しないでね」という労いの言葉で、自分が救われたと感じる人もいるようです。

男性は特に、自分の頑張りを認めてくれたり自分の落ち込んだ気持ちを救ってくれたりしてくれる人のことを、好意的に感じる傾向があります。

「いつも頑張っているからね」という労いの言葉だけでなく、「無理しないでね」という心配のコメントを付け足すとgood。

あなたの印象は、彼の中でグッとよくなることでしょう。

6,好きな人が風邪を引いたとき「元気になったらデートしよ」と励ます

好きな人が風邪を引いたときに何といえばいいのか?には、好きな人が風邪を引いたとき「元気になったらデートしよ」と励ますことが挙げられます。

元気になったらデートができると思うと、今は風邪を引いていて辛くても、楽しいことを想像することができます。

この気持ちが、回復へのモチベーションアップに繋がるのは言うまでもありませんね。

このとき、もしも好きな人の調子が良さそうならば、具体的にデートプランを話してみてもOK。

その際はショッピングなどのアウトドアデートではなく、映画など体力を使わないプランを提案してみてくださいね。

映画デートならば、病み上がりでも無理なく楽しめるのでおすすめですよ!

スポンサーリンク



7,好きな人が風邪を引いたとき「辛そう、代わってあげたい」

好きな人が風邪を引いたときに何といえばいいのか?には、好きな人が風邪を引いたときに「辛そう、代わってあげたい」と伝えることが挙げられます。

「代わってあげたい」というセリフは、普通好きな人にしか言いませんよね。

たった一言なのに、愛を感じると思いませんか?

実際に風邪を代わってあげることはできませんが、LINEなどで伝えることに意義があるのです。

ある程度好きな人と親しい関係であるのなら、一言伝えてみるといいでしょう。

8,好きな人が風邪を引いたとき「辛いと思うけど負けないで!○○君ならすぐに治るよ」

好きな人が風邪を引いたときに何といえばいいのか?には、好きな人が風邪を引いたとき「辛いと思うけど負けないで!○○君ならすぐに治るよ」と伝えることが挙げられます。

負けないで、と励ましの言葉を伝えることで、好きな人もきっと元気になるはずです。

そうして、「○○君なら」と名前を入れることで、社交辞令ではないことも伝わりますよね!

LINEは相手の名前を入れるだけで、一気に親密度がアップするもの。

ぜひ、励ましの言葉とともに好きな人の名前もLINEに入れてみてくださいね。

9,好きな人が風邪を引いたときには「何か困ったことがあったらいつでもLINEして」

好きな人が風邪を引いたときに何といえばいいのか?には、好きな人が風邪を引いたときには「何か困ったことがあったらいつでもLINEして」と伝えることが挙げられます。

風邪を引いているときは、いつもよりもどこか気持ちがナーバスになってしまうもの。

そんなときに「困ったことがあったらいつでもLINEして」と言われると、それだけで安心しますよね!

弱っているときは、頼れる人が近くにいると分かるだけでも心強いので、早めに送るといいでしょう。

たとえお見舞いに行くことを遠慮から断られたとしても、本音では誰かを頼りたい‥と思っている男性もいるのです。

10,好きな人が風邪を引いたときは「私にうつして早く元気になってほしい」

好きな人が風邪を引いたときに何といえばいいのか?には、好きな人が風邪を引いたときには「私にうつして早く元気になってほしい」と伝えることが挙げられます。

「私にうつして」なんて、ちょっとオーバーな表現ですが、こういう表現にテンションが上がる男性は多いんですよ!

特に、仕事で大事なプレゼンを控えているなど大きなイベントの前に風邪を引いて寝込んでしまったとしたら、相当落ち込んでいることでしょう。

そんなときに、ややオーバーな表現で励まされたら嬉しく感じるもの。

ただし、大事なイベントの前ならば「私にうつして」などのオーバー表現も受け入れられやすいですが、そうではない場合は引かれてしまうこともあるので、好きな人との普段の関係やそのときの状況を考慮して、伝えるかどうかは考えた方が良いかもしれません。

11,好きな人が風邪を引いたときは「○○さんがいないと仕事が進まないよ~」

好きな人が風邪を引いたときに何といえばいいのか?には、好きな人が風邪を引いたときには「○○さんがいないと仕事が進まないよ~」と伝えることが挙げられます。

風邪で休んでいるのに仕事の話なんて‥と思うかもしれませんが、仕事熱心な男性ならばOK。

むしろ、喜ばれるポイントが詰まっているんです!

仕事熱心な男性は、自分が休んだときに「自分がいなくても仕事は回る=自分は必要ないのかも」と思ってしまうこともあるのです。

自分じゃなくてもできるのならば、自分は必要とされていない、今のポジションを失うかもしれないと不安なのです。

そのせいで症状が軽いうちは休まずに頑張ってしまい、悪化してから仕方なく休む‥なんてパターンも。

自己嫌悪からマイナスにばかり考えてしまっている男性には、「あなたがいないと仕事がうまく進まない」と訴えることは、何よりの励ましになるんですよ!

必要とされている感じがして、嬉しいのだそう。

逆に、「お休みだったので代わりにやっておきました」は絶対にNGです。

好きな人がどんなタイプなのか?によって、言い方は変えていく必要があるでしょう。

好きな人が風邪を引いたときの注意点

続いて、好きな人が風邪を引いたときに注意するべきことにつきてお話しします。

好きな人が風邪を引いたときこそアプローチチャンス!と言いましたが、やみくもにアプローチすれば良いというわけではありません。

これからお話しすることに気を付けないと、せっかくのアプローチが逆に好感度を下げる結果になってしまうかも‥。

そんなことにならないよう、これらのことに気をつけていきましょう!

1,好きな人が風邪を引いたときはLINEしすぎない

好きな人が風邪を引いたときの注意点には、好きな人が風邪を引いたときにはLINEしすぎないことが挙げられます。

好きな人の体調などが気になって、つい何度もLINEをしてしまった‥なんて経験はありませんか?

好きな人から既読がつかなくて心配になったり、やっと返事が来たからと嬉しくなってしまう気持ちも分かります。

しかし、だからといって相手のLINEメッセージ1に対して、こちらが3も4も連投するのはマナー違反ですよね。

あくまでも、好きな人は病気で休んでいるということを忘れずに。

たかが風邪だと思っても、高熱が出ていたらスマホを見るのもしんどいでしょう。

基本は寝ていると思いますし、起きたときになんとか返事をしてくれたのかもしれません。

そんな状態のとき、何度も何度もLINEが来たら、ちょっとうざいな‥と感じてしまうのも無理はありませんね。

好きな人が風邪で休んでいるときのLINEは、何度も送らず相手に合わせるようにしましょう。

2,デートの約束をして風邪を引いたときは無理させない

好きな人が風邪を引いたときの注意点には、デートの約束をして風邪を引いたときは無理させないことが挙げられます。

好きな人とデートの約束をしていたのに、風邪を引いてしまうこともあるでしょう。

そんなときは、彼に無理をさせてはいけません。

せっかくのデートを楽しみにしていたと思いますが、体調のほうが大事です。

デートも休む、もしくは別の日に変えることを提案しましょう。

体調が悪いと、そのことが気になってお互いに楽しむことができませんからね。

「楽しみにしていたけど、今度にしよう」

「治ったら○○に行きたいな」

などと、自分も楽しみにしていたということをさりげなくアピールできるとgood。

ただし、風邪の症状が軽い、もしくは治りかけでデートを休むことに対して彼が引き下がらない場合は、彼の気持ちを優先してあげましょう。

ここであまりにもデートをやめようというと、「体調を気遣うのは口実で、本当はデートをしたくないのではないか」と彼に思われてしまう恐れがあるからです。

その際は、ゆったりと過ごすことができるよう、映画などのインドアデートを提案してくださいね。

3,好きな人が風邪を引いてお見舞いに行くときは必要な物を買ってからお見舞いに行く

好きな人が風邪を引いたときの注意点には、好きな人が風邪を引いてお見舞いに行くときは必要な物を買ってからお見舞いに行くことが挙げられます。

何も持たずにお見舞いに行くと、結局また出掛けることになるなど二度手間になってしまいます。

好きな人も、あなたに行ったり来たりさせることを「申し訳ないな」と感じてしまうかもしれません。

これでは、好きな人にも気を遣わせてしまいますね。

そのため、お見舞いに行くときにはあらかじめ必要なものを買ってから行きましょう。

その方が好きな人も気を遣わなくてすみますし、手際の良さや気の利く女性であることをアピールすることもできますよ。

4,好きな人が風邪を引いてお見舞いに行くときは風邪薬・冷たい食べ物・冷えピタ・ビタミン剤は必ず持っていく

好きな人が風邪を引いたときの注意点には、好きな人が風邪を引いてお見舞いに行くときは、風邪薬、冷たい食べ物、冷えピタ、ビタミン剤は必ず持っていくことが挙げられます。

好きな人のお見舞いに行くとき、必要なものや欲しいものはあるか事前に聞いていることと思います。

しかし、そのときは「悪いな」という気持ちから、「何もないよ」と答える人も多いもの。

何もないと言われたから何も持っていかないのでは、やはり好感度アップには繋がらないですよね。

最低でも、風邪薬、冷たいもの、冷えピタ、ビタミン剤あたりは持参すると良いでしょう。

あっても困らないものですし、「お見舞いに来た」という気持ちも伝わります。

これらのものを持参してから、好きな人のところへお見舞いに行きましょう。

5,好きな人が風邪を引いてお見舞いに行くときはやたらと話さず見守る

好きな人が風邪を引いたときの注意点には、好きな人が風邪を引いてお見舞いに行くときはやたらと話さず見守ることが挙げられます。

静かな雰囲気に耐えられなくても、やたらと好きな人に話しかけるのはNG。

熱があるとき、人と話すだけでも体力を奪われてキツイ‥という経験が、あなたにもあるでしょう?

あなたは元気かもしれませんが、好きな人は病人です。

やたらと話しかけたりせず、静かに見守るようにしましょう。

彼が話しかけてきたら答える、というスタイルを貫くことで、好きな人も安心感を覚えるはずです。

スポンサーリンク



6,好きな人が風邪を引いてお見舞いに行くときは気遣いをしすぎない

好きな人が風邪を引いたときの注意点には、好きな人が風邪を引いてお見舞いに行くときは気遣いをしすぎないことが挙げられます。

好きな人が風邪を引いて学校や仕事を休み、お見舞いに行ったとしたら、ついあれもこれもとやってあげたくなりますよね。

ついたくさん買い込んできてしまったり、溜まっていた家事をすべて完璧に終わらせてしまったり。

もちろん好きな人にとってはありがたいことですが、それは同時に「気を遣うこと」でもあります。

過剰な気遣いをあなたがすることで、彼が休めなくなってしまうのでは、元も子もありません。

お見舞いはあくまでも彼に休んでもらうために行くのですから、過剰な気遣いをするのはやめましょう。

さりげない気遣いをすることが、ポイントですよ!

7,好きな人が風邪を引いてお見舞いに行くときには自分もマスクをするのを忘れない

好きな人が風邪を引いたときの注意点には、好きな人が風邪を引いてお見舞いに行くときには自分もマスクをするのを忘れないことが挙げられます。

好きな人は風邪を引いているわけですから、お見舞いに行けばそれだけあなたにもうつる可能性がある、ということ。

好きな人のお見舞いに行って風邪がうつるなら本望!なんていうのは、少女マンガの世界だけの話です。

あなたまで風邪を引いたら、彼に気を遣わせてしまうのは目に見えていますし、職場にも迷惑をかけてしまいます。

マスクをするなどきちんと対策をしてから行くのは、社会人として当たり前のこと。

そのほうが、よっぽどデキる女性っぽいですよ!

8,好きな人が風邪を引いてお見舞いに行くときは体への負担が少ない消化に良い食べ物を作ってあげる

好きな人が風邪を引いたときの注意点には、好きな人が風邪を引いてお見舞いに行くときは体への負担が少ない消化に良い食べ物を作ってあげることが挙げられます。

風邪を引いたときの定番と言えば、おかゆや煮込みうどんなど、消化の良い食べ物ですよね。

もし、好きな人の家のキッチンを借りられるような間柄であるのなら、材料を買ってきておかゆや煮込みうどんを作ってあげましょう。

彼の家の材料をあてにしてはダメですよ。

あなたの料理スキルをアピールすることもできますし、好感度がアップすることも間違いありませんね。

9,好きな人が風邪を引いたときは片付け・洗い物・ゴミ出しなどの簡単な家事をする

好きな人が風邪を引いたときの注意点には、好きな人が風邪を引いたときは片付け、洗い物、ゴミ出しなどの簡単な家事をすることが挙げられます。

好きな人が一人暮らしであるなら、風邪を引いたことで身の回りの家事がままならないこともあります。

好きな人が寝ている間に、簡単な家事をしておきましょう。

散らかっているものを片付ける、シンクの洗い物をしておく、ごみをまとめておくだけでも十分助かるもの。

このとき、音の出る家事(掃除機など)は避けましょう。

せっかく寝ているのに、目を覚ましてしまうかもしれません。

また、洗濯は溜まっていたとしても、一言断って了承を得てから行うのがベスト。

やはり、下着などを他人に洗われることに抵抗のある人もいますからね。

もちろん、プライバシーに関わるところに関しては、絶対に開けないのが鉄則です。

10,好きな人が風邪を引いたときはお見舞いが終わったら長居せず帰宅する

好きな人が風邪を引いたときの注意点には、好きな人が風邪を引いたときはお見舞いが終わったら長居せず帰宅することが挙げられます。

好きな人のお見舞いが終わったら、名残惜しくても早めに帰りましょう。

好きな人も、本当は一人で寝ていたいと思っていたとしても、なかなか「早く帰って」とは言い出せないはず。

特にわざわざお見舞いに来てくれた人のことを、追い返すようなことはできませんよね。

彼のそばにいたいという気持ちは分かりますが、それはまたの機会に持ち越しましょう!

お見舞いでは深入りせず、好きな人の気持ちを考慮しながら早めに帰るようにしてください。

11,好きな人の風邪のお見舞いが終わって帰宅後は手洗いうがいを忘れずに

好きな人が風邪を引いたときの注意点には、好きな人の風邪のお見舞いが終わって帰宅後は手洗いうがいを忘れずにすることが挙げられます。

風邪を引いて寝込んでいる人のところに行ったのですから、うつらないように最低限のケアは行いましょう。

風邪対策の基本ですが、手洗いうがいは忘れずにおこなってくださいね。

先程も言いましたが、この後あなたが休めば彼は「自分のところにお見舞いに来たからだ」と思ってしまいます。

彼にそんな気を遣わせないためにも、できる範囲で対策は怠らないようにしていきましょう。

12,お見舞いに来られるのが嫌で弱みを見せたくない男性もいる

好きな人が風邪を引いたときの注意点には、お見舞いに来られるのが嫌で弱みを見せたくない男性もいることが挙げられます。

男性の中には、女性にお見舞いに来てもらうことを嫌がる人もいます。

なぜなら、「風邪を引いて弱っている姿を見られたくない」から。

もともと男性はプライドが高いですし、わざわざ弱っているところを見せるなんてあり得ない!と感じている人もいるのです。

もし、「お見舞いに行きたいんだけど」と話をしたとき、かたくなに断るようであれば、好きな人はお見舞いに来てほしくないタイプなのかもしれません。

こういう人は、お見舞いどころか自分が休んでいる間はLINEすらもしたくない、と感じていることも多いです。

ここで半ば強引にお見舞いに行くことにしてしまうと、今後の彼との関係を進展させることはできなくなります。

好きな人がどんなタイプなのか?をしっかりと見極め、その人に合った対応をしていきましょう。

弱いところを見せたくないと思っているのなら、お見舞いは彼を困らせてしまうだけ。

親切の押し売りほど厄介なものはありませんから、まずは好きな人がどんなタイプなのか?を知ることから始めたほうがいいかもしれませんね。

まとめ

好きな人が風邪を引いたときに、伝えたい言葉について紹介しました。

好きな人が風邪を引いて学校や仕事を休んでいるときは、上手にアプローチをすれば自分の好感度を上げることができます。

しかし、間違ったやり方をすると好感度を下げてしまいますので、やり方を間違えないように気を付けましょう。

もちろん、好きな人が風邪を引いたときには、相手を労うことを第一に考えてくださいね。

【関連記事】

好きな人が冷たくなったのはなぜ?男性心理や対処法・NG行動は?

好きな人の前で緊張する理由・緊張しない&リラックスする方法・アプローチ

好きな人と喧嘩したら諦める?原因・仲直りする方法は?

好きな人を嫌いになった理由やシチュエーションは?

好きな人を振り向かせる方法・LINE術・おまじない

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【衝撃】不倫の悩みを簡単に解決した方法

スポンサーリンク